レポートのためのリンク集

1.環境デザイン

・環境のアメニティ
歴史から学ぶ 自然から学ぶ →デザインに活かす
パターンランゲージ →  デザインガイドライン(関係性のデザイン)
モノのデザインからコト、サービスのデザインへ
パターンランゲージ  ★パターン・ランゲージ 4.0
バイオミミクリー
サービスデザイン  ★IDEO

画一的な都市計画・車中心の都市作りの反省
オランダフローニンゲンの自転車活用(映像)
ロンドン オックスフォード通りのカーフリー化
ベルリンウンター・デン・リンデン大通りのカーフリー化

・農・緑・仕組み
農地が生み出す多面的価値の創造
都市農業(農水省)  ★都市農業の多面的機能
キューバの都市農業 映像
たぬき村  ★シェア畑

緑によるヒートアイランド現象対策
グリーンインフラ
ヒートアイランド対策(国交省HP)
ポートランド:住民の参加によるグリーンインフラの維持

・自然エネルギー
アクティブ→パッシブ建築 ヴァナキュラー建築〜アリの巣
パッシブソーラー  ★今のパッシブデザインの問題点
経堂の杜

集中型→分散型(太陽電池でEV自動車のバッテリーを充電する)
ガソリン車をキットを使ってEV車に改造
カーポートの太陽電池で車を充電

2.情報の共有

・共通の関心事
テーマ(食 ペット 趣味 仕事 等)でつながる
コミュニティカフェ
コワーキングスペース
コレクティブハウジング

・安心・安全・快適
非常時の連携 困りごとの相談・解決 口コミ情報の共有の仕組み
空き家活用クロ現 映像
シェア奥沢:空き家活用によるコミュニティの再生 映像
異世代ホームシェア 米国の例
シェアハブ

3.地域

・都会・田舎・新たな社会
都会の長所・短所 田舎の長所・短所
それぞれの長所を取り入れ、既存の環境を改善した新たな社会
コンパクトシティ
都市再編:わが町を身の丈に(映像)
病院が無くなり市民が健康になった(映像)

パーマカルチャー  ★クリスタルウォーターズ
イサカ エコビレッジ  ★Global Ecovillage Network

4.ものつくり

・技術・道具
伝統技術の継承 伝統工芸職人+新たなニーズへの対応

・少量・他品種
3Dプリンター等の活用 地域で小規模に生産する 流通の革命
メーカーズムーブメント
Makers Base   ★Fablab
3Dプリンター革命  ★3Dプリンターの可能性(映像)

5.価値の交換

・市場経済 地域で生産できない原料や商品
・地域経済 地域内で生産され循環できる価値 労働力、農産物、生産物
・互助・信頼
地域通貨LETS

6.プレイヤー

・個人のイニシャティブによる展開

バリ島のレジ袋撤廃運動
ハンブルグコンサートホール

ブータン:小さな国だからできること

中国とインドという超大国にはさまれているブータン。自然豊かな小さな国にできることがわかりやすく述べられています。ブータンを一躍有名にしたのが、GNPGross National Product: 国民総生産)から、GNHGross National Happiness: 国民層幸福度)へ、という国の目標指標の大きな転換です。そしてこの映像では、世界で唯一ブータンが実現しているという「カーボンニュートラル」(二酸化炭素の排出量と吸収量を一致させる)について述べられています。

個人のイニシャティブから(1)

レポート課題は、いくつものテーマから自由に選べるようにします。
レポートとしては、これから提供する資料(授業のまとめ、映像など)から、気に入ったテーマを選ぶ、あるいは自分が良く知っているテーマを選び、その内容を「記述」し、自分の意見を記述してください。詳しくは次の授業で説明します。
資料の準備ができた順番でアップロードしますので、順不同です。授業で扱ったテーマ以外の資料も提供します。

この事例は、二人の小学生の働きかけから始まった、バリ島のレジ袋撤廃運動についてのプレゼンテーションです。
「個人のイニシャティブから始める」という素晴らしいケースです。
環境省などの「トップダウン」ではなかなか動かないことも、個人や学生の提案で動くことがあると思います。多摩美のゼミから生まれたクールシェアも、そういった事例です。

レポート課題の一部を映像で提供しますが、著作権の関係でYouTUBEが使えないので、自前のサーバーに映像をアップする準備に時間がかかりました。パケット量に制約のある場合、映像がとぎれる場合はWifi環境で見てください。PCで開けば、右クリックで映像データをダウンロードし、快適に見ることができます。

個人のイニシャティブから(2)

これは、授業の最初に一部だけ見せた、ハンブルグの新しいコンサートホールの建設記録映像です。ぜひ最後まで見てください。ある個人のイメージ提案(一枚のスケッチ)からプロジェクトがスタートし、紆余曲折を経て完成するまでのストーリーが感動的で、建築家、都市計画家はこうあるべき、という思いにさせます。