今年の堀内ゼミについて

3年生を対象として、木曜の午後に「堀内ゼミ」を開きます。
ここは、自主的な参加による、学びと創造の場です。(単位にはなりません)
初回は4月12日(木)の3限で、場所は5階「資料室」の予定です。翌週以降の開催時間は、初回に話し合って決めます。

堀内ゼミでは、環境デザインをめぐる様々なテーマについて、対話を通じて理解を深めます。
メインテーマに関わるプロジェクトを実践し、現場の感覚を身につけるとともに、プロジェクトの実施に必要な技術を習得します。
ゼミのコアタイムは木曜の午後ですが、必要に応じて現場で集合したり、木曜以外の予定が入ることがあります。課題提出日近くは休みとします。

今年の堀内ゼミのメインテーマ(案):他候補もあり、皆の希望をとります。
「東京オリンピック・パラリンピックに向けたクールシェアの展開」

東京オリンピック・パラリンピックの開催が猛暑の8月であることに加え、ヒートアイランド現象により都心部は気温が高くなり、世界中から集まる来街者が熱中症にならないような対策が求められています。そこで、クールシェアによる以下のような展開を検討します。

・空き地を活用した木陰のベンチなど、来街者が一息付ける快適環境を作る。
・冷房の効いたスペースを、来街者のために提供する。
・必要な対応(休憩スペース、補水、ファーストエイド)を提供する。
・シェアマップ(スマホ版)により、クールシェアスポットの場所を案内する。

参考リンク:
シェアマップ(スマホ版)
(大学近くにはあまりスポット無いです)
クールシェアホームページ(PC版)
九都県市クールシェア(PC版)

資料:クールシェアと熱中症対策(PDF)

参加希望者は必ず、簡単な「志望理由」をメールで送って下さい。
〆切:4月8日中

送付先メルアド:tamabit@gmail.com
メールタイトル:名前・学籍番号
本文:志望理由

年末に・・・

2017年は環境デザイン学科の授業を初めて担当しました。
この新しい取組にワクワクした一年でした。

一方で、新しい街づくりの仕事が始まり、来年はその展開で忙しくなりそうです。年末に敷地を見に行き、現地の人と対話してきたところですが、淡路島の瀬戸内海に面した港町で、海に沈む夕日が綺麗なところです。

授業で何度も言っている「素敵な田舎」をぜひ実現したいと思っています。

 

レポート課題

授業で取りあげたキーワードに関連する「具体例」をとりあげ、以下のような順序で記述する。(これはレポートの書き方の基本です)
・起: 授業で紹介したキーワードを選び、簡潔に説明する。○○とは・・
・承: キーワードの意義、自分が感じた疑問、課題などを述べる。
・転: キーワードに関連する具体例(事例、自己の考察等)を紹介する。
・結: その具体例がもつ可能性、あるいは課題などについて述べる。

文字数:2000文字以上。12月21日(水)の授業で提出する。

次回(12月14日)の授業で、キーワードの復習、事例の紹介をします。
授業ホームページで、キーワードに関わる事例を紹介します。

「2050年に向けたデザイン」

「2050年に向けたデザイン」というテーマを軸に、それぞれの提案をつなげていきます。
その準備として、引き続きイメージ事例の紹介をします。

グループワークでは、参加者それぞれが役割をもてるような、担当の分担をします。

ここ2回、授業の出席率が悪くなっています。
今後、提出日の直前など、休講にするような配慮をしますが、
出席重視の授業ですので、頑張って出てください。

最初のランチ + カフェ

10月5日に屋上テラスで行った、ランチタイム+カフェの様子です。

反省点ですが、下準備に手間取り、授業終了後に開始(火起こし)したので、時間が押してしまい、松澤先生にご迷惑をおかけしました。
4限終了後、有志で16:30頃からカフェタイムをやり、ランチでできなかったピザを焼きました。時間もゆったりとしていたのでこれが好評でした。

  • ランチタイム 12:00〜